2017年4月25日火曜日

2017年4月23日(日)

勤務時間:18:30~08:30
 
本日は、乗務をなるべく避けたい日曜日の夜。
私;『最近は、皆、上手く日曜日に有休を取って、歩合のマイナスを抑える様にしているな。私も、65歳に年金をFULLに貰える様になったら、夜の乗務は止めたいな。』

そんな事矢先にショッピングセンターへの配車。
急ぎ向かっていると、
会社の配車担当;<配車キャンセル。> 
すると、同じ所へ別のお客様のお迎えに変更。
私;<これは、近場のお客様へ変更だな。始めのお客様は、別のTAXIが来るな。こんな明らかな依怙贔屓があるから、この会社を辞めたくなる。>
そんな事を思いながらも現着。
すると、始めに配車になったお客様が近寄って来た。
が、これは丁重にお断りして、配車のお客様をお乗せした。
目的地を確認すると、
私;<やはり、近場だ。始めのお客様の方がもう少し遠いナ。>
不機嫌になりながらも無事にお送りして完結。

と、イキナリに配車。
内容を見て漸くに配車キャンセルの意味が判明。
私;『このお客様は、先程の相手のTAXIドライバーでの対応はNGとなっているのだな。配車キャンセルの理由がやっと解かった。しかし、他の人の尻拭いを何故に私がやらなければならないのか(怒)。』
現地点からは遠く離れたお客様へ急ぎ向かう。

日曜日の夜の割には結構TAXIの動きはある。
私;『休んでいる人のおかげだ。』
そんな深夜1時直ぐに約10Km先へ4台口の配車。
私;『どうせ近場だ。』
間も無く現着すると言う時に、当然のキャンセル。
私;『此処まで来てキャンセルか。』
これが、後から同僚に聞くと1台のみでワンメで終わった様であった。
この集団に明け方5時過ぎに配車で遭遇する事になるのである。
当然、この時もワンメ+待機料=三桁で完結。

このお客様を含めて朝方の三桁3連荘と、
私;『同僚は、皆、何処へ行った。』
その後の情報で、この間に他の同僚は¥2千円から¥6千円弱の配車を貰い動いていたのだが、そんな事も知らずに自分でJR駅前で拾った千円余りのお客様で、本日の乗務終了。

私;『真剣に、この会社の退職時期を考えようかな。
嫌な気持ちで帰宅。 

       本日の売上;ノルマの130%

2017年4月23日日曜日

2017年4月22日(土)

勤務時間:17:00~04:00
 
昨夜の歓送迎会の二日目。
私;『はてさてどうなるやら。』
そんな事を思っての本日の1本目のお仕事は、ホテルから焼き鳥屋さんへの若いお二人さんの送り。
話している内容から
私;<地元ではないな。花見客かな。>
と、思いつつルート策定。
私;<幹線道路のIC方向は渋滞中。その方向へ私は行きたいが。どうしようか。>
無難に通常と同じ選択。
其処の焼き鳥屋さんの紹介をしつつ間も無く現着するという時に、
私;『この先、踏切と信号機で、慢性的な渋滞しております。』
道路状況のご案内をすると、 
お客様;『ここで良いです。
との申し出に、
私;『申し訳ありませんでした。』
と、ワンメで精算。

其の後は、意外と暇。

そんな20時半頃にJR駅への配車。
現着すると、一人の若い男性。
お客様;『城址公園へ。
しそんな事を言われて思いつくのは、一番近い公園。
私;『◯◯城址公園で宜しいですね。
お客様;『いえ、◎城址公園へ。
私;<。これから行くの。しかも、その薄着で。寒いヨ。>
とは思うが、大きなお世話。
私;『少し散り始めですが、見事ですよ。
周辺の桜の説明をしつつ公園の入口に来ると
私;『公園の入口までが大渋滞ですので、別から入れる場所へご案内致しますね。
とグルリ回って完結。
勿論、帰りの予約の案内をして帰路へ。

それから約1時間後に、またもや公園の方向へ行きたい若い女性客をバスターミナルへの配車で拾った。
目的地を確認すると、先程に行って来た公園の方向。
だが、
私;<どう見ても花見客ではない。帰省かな。>
目的地を確認すると、大まかな場所の説明しかない。
やむなく、これまでの経験を踏まえて場所を予想して、
私;『それでは、その場所の方向へ向かいますね。』
途中の車内は、静まり返ったままで間も無く突き当りの帰路に差し掛かる。
私;『この先の突き当りは、どちらへ曲がりますか。』
すると、意外な返答がきた。
お客様;『こっちが実家ですが、5年ぶりに帰って来たので良く分からない。
私;<実家だから周辺の様子ぐらいわかるだろうが。>
そんな良く分からないまま交差点へ
お客様;『ここを左折で。
指示された通りに行くと、予想もしない発言が、
お客様;『公園の方向へ行きたいの。もうイライラして来た。
私;<おめえな。最初から言えよ。>
やむなく、公園からの帰りで混み合う道路をUターン。
その後、何とか献血。

ところが、期待していた奇跡が起こった。
私;『花見の帰りの客がいたな。』

本日、しかも、夜間に、花見のお客様に3本遭遇。
乗車料金;¥約4千円*3本。
私;『花見のおかげで、今夜は助けられた。』

更に、深夜2時近くに、
私;『ご指名のお客様だ。有り難いね。』
と、感謝のダメ押し。

守られつつ安堵のノルマ・クリア。

       本日の売上;ノルマの187%