2014年12月31日水曜日

2014年12月30日(火)

2014年12月30日(火) 乗務

出退勤時間:18:00~05:00


私;『今日は、暇だろうな。』 
と思って業務開始。ところが、今日は運が私に向いている一日となった。

会社の配車でパチンコ屋さんへお迎え。お店から中年の女性が出て来られた。
お客様;『黒沢。解ります?
私;『昔の仕事で行った事がありますので大丈夫です。』 
  後で会社で聞くと、
  会社;『いつもは、最寄りの駅からバスで帰るお客様。』
  との事。
私;<乗車料金、だいぶ良い金額になるぞ(☺)>
と、笑顔でお客様をお乗せして向かった。
ところが、幹線道路が一部凍結。タクシーは少しケツを振っている。
私;<路面はブラックだが、凍っているな。>
更に、脇道に入ると、
私;<狭いな。しかも、急な坂だな。しかも、一部、雪が残っている。>
と、一段と慎重に運転。
お客様;『この先、凍っているのよ。
何と、一段と道が狭くなり、家が迫っている上に、坂が急な上りの箇所が、凍結路。
私;<家にぶつけたら、大変な事になる。>
と、何とか目的地近くに到着。
お客様;『家まで行かなくて良いので、ここで結構ですよ。
有難いお言葉にそのまま受け入れて、 
私;『有難う御座いました。』
と、帰路に着く。が、帰りは尚更慎重に急な狭い下り坂を降りて、無事に帰還。

暫くした後に、客待ちしていると三人組の男性客。
目的地をお聞きすると、何と先程の場所よりも先の地域。
私;<更に乗車料金が多くなるぞ(☺) 凍結路に注意すれば良いだけだ。>
と、やはり幹線道路でも凍結路状態。
私;<幹線道路だから何が有っても大丈夫だ。>
安心して走行。
ところが、今度は、道路の真ん中に鹿の群れ。
お客様;『この先には、もっと沢山いますよ。知り合いの人は、車を2台駄目にしています。
私;『こんな鹿にぶつかったら、人間が怪我をする可能性がありますね。』
帰路、車を道路の真ん中に止めて写真を撮影しようとしたら、
私;<あっと言う間に、山の中に消えてしまった。残念(泣)。>
この後も順調に売上を上げて、笑顔で業務終了。 

       本日の売上;ノルマの219%。  

2014年12月30日火曜日

2014年12月29日(月)

2014年12月29日(月) 乗務

出退勤時間:10:00~01:00


今日は、空港午後便担当。その前は、通常のタクシー業務。
ところが、天候は、昨夜からの降雪により積雪約15cm。
こんな日は、地区の雪かきがある。
当然、今朝も、水分をタップリと含んで重たくなった約250mの道を我が家含めて2軒で除雪。
私;『仕事の前に、非常に疲れた。この状態で、帰宅が深夜だ!』
今日のタクシー業務は、2時間程しか乗らないが、自己報告書を書いたばかりなので、早目に家を出てタイヤチェーンを装着。
私;<やはり、スタッドレスタイヤ+タイヤ・チェーンだと、走行に安心感がある。>  しかし、LPG残約10リットルしか無いので、注意して走行。

今日のタクシー乗務の最後のお客様をお迎えに行くと、
お客様;『雪降りでいつもの道は危ないと思うから、遠回りしても良いですが。
私;『タイヤチェーンを装着していますから大丈夫ですよ。』
と、急で狭く左側が崖で落ちたら車は全損になりそうな道も安心感一杯で走行。

この後の空港便も気が楽になり、ジャンボタクシーに乗り換え。
ターミナルビル入口の門松(高さ約3〜4m))
空港便の本日の客様は、奥さんとお子さんが帰省で中国に帰られる為に、ご主人はお見送りだけしてお帰りになる方々。
しかし、お迎えに行く途中の坂は凍結していて、4WDのジャンボタクシーでもケツを振る。
私;<往路で事故したら、自己報告書だけでは済まないぞ。> と、慎重に運転。
更に追い打ちを掛ける様に、朝の雪かきで眠気が襲って来た。
私;<ヤバイ。帰路は、もっと眠いぞ!>

と慎重に運転。
何とか無事故で到着。

そして、帰路の確認。すると、
私;<運行指示書に記載してある出発時間の飛行機が、時刻表に無いが?>
いつ来るか不明のお客様を待つのは辛い。
待つ事約2時間半、漸くお客様が来られた。
当然、眠気対策の「メガシャキ」は購入済で、準備万端。
もう帰路は、早く帰りたいだけ。
その道中、【凍結注意】 の表示があり塩カルを激しく散布している高速道路を、大型バイクが100km/hで走行している自車を追い越して行った。
私;『あのバイク、無事故で帰宅出来れば良いが〜。』 
他人事では無い。
雪道は、油断していると危険!

       本日の売上;ノルマの125%。  

2014年12月28日日曜日

2014年12月28日(日)

2014年12月28日(日) 乗務

勤務時間:08:00~18:30


私;<今日は、もう暇だろうな。>
と、始業点検実施。ところが、
私;<LPGが、半分以下だ。お客様をお乗せする前に注意が必要だが、今日は大丈夫そう。> 
案の定、今日一日の業務には十分足りて残約10リットルで業務終了。

そんな時に、会社の配車で高齢の女性をお迎え。
お客様にルートの確認をすると、
お客様;『幼稚園の看板よりも手前の道を右折して下さい。』
私;<大回りとなると思うがな>
と疑いつつお客様の言われたルートで向かい、指定の道を進入して行くと、

お客様;『そこを左折して。』
しかし、その左折方向の道を見ると、その右側は家のブロック塀、左側は側溝。
明らかにこのT字路の左折は、無理。
私;<左折方向の道は車幅ぎりぎりで、しかも、T字路のコーナーは余裕なし。目一杯にハンドルを切らないと、脱輪するぞ! また、自己報告書だ。> 
慎重に進む。何とか曲がったものの道幅が無い。
私;『元には戻れないぞ。万が一、道が違う時は、ヤバイ。』

と前進。嫌な予感的中。
私;『お客様、この先は道が狭くなり、もうこれ以上進めません。』
お客様;『道は、続いているけど。』
私;『いえ、道が狭くてダメです。』  
お客様;『あそ〜オ?
私;<どうやって戻る? この苦労した分の乗車料金は、負けずにしっかり貰うぞ! 私が最初に聞いた通りの道を行けば、スムーズだったのにな。やはり、私の指摘した道で良かったのに。> 
その後は、もう必死に元の道に復帰。
おかげで、自己報告書は、書かずに済んだ。


        本日の売上;ノルマの161%。  

2014年12月26日金曜日

2014年12月25日(木)

2014年12月25日(木) 乗務

勤務時間:19:00~09:00


お客様;『運転手さんにも、クリスマス・プレゼント。』
プレゼント

夜明け頃にお迎えに行ったお店の方をお送した際に、降りられた時にプレゼントをいただきました。
私;<タクシー運転手にまでプレゼントを差し上げる心配りをするママさんの店、やはり繁盛するはずだな。>
ところで、
私;『クリスマス・プレゼントを貰ったのはいつだったかな。』

クリスマスの夜は、客待ちで待機するタクシー車が多い程に暇。
そんな状況での嬉しい出来事だった。

しかし、年末は危険な歩行者や運転手が出てくる。
今夜も自分が路地を走行中に危険な場面に遭遇した。
私;『続けて事故を起こしたら、大変な事になる。』
脇道から出てきたオバサン運転の軽自動車が、私のタクシーを視認して一旦停止。
私はテッキリ相手の車が止まるかと思っていたところが、その車が何と私のタクシーが近づくと目前に出てきた。
<慌ててクラクション!>
こんな場面でもオバサンの特徴をしっかり出して、オバサン車がそのまま出てきた。
<急ブレーキ!>

私;『こんな暇な日に事故などご免だ!』 

そんな場面もくぐり抜けて、客待ちしていると中年の男性がお乗りになって来た。
お客様;『景気は、どう?
私;『消費税8%になった影響もあり、売上は若干落ち込んでいます。今度、消費税10%になったらどうなるのか危惧しています。』
お客様;『アベミクス効果が出てくれば良いのだね。
私;『そうですね。』
お客様の言われる通りに、ネガティブ思考でなくポジティブな思考で行けば見通しが明るくなるなと、思わず反省してしまった。

本日の乗車料金の最高額;¥5,000、その他の売上は、惨憺たる結果。
疲れが溜まり、イライラも募って来て、嫌な気持ちの夜明け。
何とかノルマをクリア出来たのが、せめてもの救い。


        本日の売上;ノルマの118%。  

2014年12月25日木曜日

2014年12月24日(水)

2014年12月24日(水) 乗務

勤務時間:17:00~03:00

今日の一本目の配車は、お得意さんのお迎え。
私;『いつものショッピングセンターかな?』
とお迎えに伺うと
お客様;『市立病院へ』
私;〈どなたか入院かな? しかし、逆方向だな。〉
と思っても余計な事は聞けません。更に、目的地の方向と今のタクシーの向きは逆方向しかも狭い路地の為に、瞬時にルートと方向転換する方法を判断しなければいけません。
私;〈信号や遠回りを避けるには、狭い路地を通る必要があるな。〉
と、対向する車が来ない事を祈りつつ無事に到着。
その後は、暇で近場のお客様を対応して、夜にお客様が来る確率の少ない駅で客待ちしていると、会社より配車。
私;『おや? 先程のお得意さん?』
とお迎えに行くと、案の定、先程の市立病院へ送り届けたお客様。
私;『お見舞い、早いお帰りですね。』
お客様;『祖母が入院しているのですが、「もう帰っていいよ。」と言われてしまったの。同室に同世代がいるし、自宅よりも快適で良いみたい。』
私;『安心して病院にお委せできますね。』
と落ち着いた気持ちで、先程とは逆ルートで無事にお送り。

すると今度は、料亭へお迎えの配車。
私;『このお店、以前に1時間40分程待った経験があるし、今度も近場で待つ事を覚悟した方が良いな。』
と、暫くお待ちしていると4人の男性の方が来られた。
すると、1人の男性が頭を低く下げて3人の方をお見送り。
私;『お! このお客様、超VIP!?』
とお客様の会話を聞いていると、やはり超VIP!!
しかも、外は雪が舞い、タイヤはヘボいTAXI用スタッドレス・タイヤ。
私;〈気を使いシンドイな!〉
と後ろに渋滞が出来ているが速度厳守で進行。
無事に送り届けて、本日2番目の売上で¥4,480円となる。
最もトップの売上とは二千円とは違わない。
暇な一日でも、何とかノルマをクリア。

本日の売上;ノルマの105%。

2014年12月24日水曜日

2014年12月23日(火)

2014年12月23日(火) 乗務

勤務時間:10:00~01:00

私;『今日は、連休最終日。暇だぞ。』
と思いつつ、始業点検。
私;『車、汚ねえな。シートカバーは汚れ、マットは泥だらけ。車体も泥が着いている。』
初っぱなから余計な仕事が増えてしまった。

始業間も無く配車。
私;『このお宅は、前に一度、夜に行ったが、狭い路地の坂の途中の家だ。この冬に行きたくない場所だな。』
と、向かう。案の定、路面は氷の山。
私;『またぶつけると今度は大変な事になる。冒険は、決してしない!。』
お客様をお乗せした後に、狭い氷った路地で切り返し。ガードレールのギリギリで何とか方向転換。
これだけ苦労しても料金伸びず。
私;『しかし、無事故で終われば良し。』

この後は、三桁が7連荘。

こんな状況で会社より配車でお迎えに行くとお姉さんがお乗りになってきた。
お客様;『レオパレス。急いで。道は、お委せ。』
私;『一番混むルートですね。混雑状況で、道を考えますね。』
と進むと、意外と道路は空いていて順調に到着。
私;『足元、氷っていますので、お気をつけ下さい。』
と案内しつつ、精算して直ぐに私;『私にお捕まり下さい。

とお姉さんに私の手を差し出す。
私;〈若い女性と腕を組むのは、久しぶりだな。〉
と、つい昔を思い出してしまった。

しかし、これで年末の忘年会シーズンは、終了。後は、地元企業の仕事納めで本年のタクシー業務のピークが終了。年明けは、暫く暇だ。

本日の売上;ノルマの92%。

2014年12月22日月曜日

2014年12月22日(月)

2014年12月22日(月) 乗務
出退勤時間:03:00~11:00
私;『今朝は、車のフロントガラスが凍っていない。暖かいのか。』
一安心して出勤。
すると、明るく小さく明るい物が対向してくる。
私;『なんだろう?』
と自家用車を減速すると
私;『なんだ狐か。今日、2匹目だな。我が家の周りにもいるのだね。』
その後、ジャンボタクシーに乗り換えて始業。
ところが、今日は、お客様をお迎えに行くと直ぐにお客様が現れて、順調そのもの。
途中、雪による速度規制があったものの定刻より早めに到着。
帰路は、お客様がいない為に、空車。
私;『早く帰ろう。しかし、物足りない仕事だな。でも、事故を起こすよりも良い。』

2014年12月20日土曜日

2014年12月19日(金)

2014年12月19日(金) 乗務

勤務時間:19:00~09:00

事故の翌日、気持ちはドン底。
私;『こんな天気も良くない日に仕事、嫌だね。また事故を起こしたら、今度は大変な事になる。』

こんな日に限って変な車が多い。
お客様を飲み屋にお送りして行くとその大変な現場に遭遇。
その店は狭い路地の途中にある。
今日は忘年会等で幹線道路が大渋滞の為に、この路地が抜け道となって、この狭い路地に入り対向して来る。
そして軽自動車の後に、
私;『トヨタの幅広の高級車、すれ違いは絶対無理。』
お客様;『でも、向かって来るよ。』
私;『此方が動いていてぶつかると厄介な事になりますから、このまま止まっています。』

私;『わア~。擦る、擦る~。案の定、ドアミラー、ぶつけた。 』
と此方が相手の車の動きを注視していると、相手の幅広車は去って行った。
お客様;『大丈夫だった? 申し訳なかったね。釣りは、要らないから。有り難う。』
私;『また事故報告書。かつ、揉め事の発生を危惧したが、良かった。』

更に、アホ車に遭遇。
脇道から幹線道路に出ようと一時停止。
私;『左右、OK。でも、左方向に、変な動く様な感触がある。・・・、ありゃ!! こんな深夜に無灯火の車が来た。』
お客様;『出ていたら衝突していたね。』
私;『あれで良く運転出来るなと感心します。』
【今夜は、守られた(感謝々)。】

今夜は、最後の忘年会のピークの日。
いつもは縁の無い遠距離のお客様に何組も当たる。
私;『いつもの日にもこんなに当たれば売上も上がるのだが。』
今日の最高乗車料金;¥11,250

しかし、今日の売上は今一つだが、無事故で業務終了。

本日の売上;ノルマの197%。

2014年12月19日金曜日

2014年12月18日(木)

2014年12月18日(木) 乗務

勤務時間:17:00~03:00

今日は、私にとって初めての大きな事故を起こしてしまった。
お客様をお迎えに行く途中にT字路を曲がり切ってアクセルを踏んだ瞬間に後輪が滑り、駐車中の車2台にぶつけてしまった。
連日の降雪に油断していた。
自分のタクシーの被害は軽微。ワックスを掛けたら解らなくなった。
相手との交渉は、年越し。嫌な年末年始だ!!
【油断大敵。雪道は、慎重に!!

本日の売上;ノルマの191%。

2014年12月18日木曜日

2014年12月17日(水)

2014年12月17日(水) 乗務

勤務時間:10:00~01:00


毎朝、NHK-TVのデータ放送の天気予報&道路情報は、チェック。
私;『今日の雪は夜には止む予報。よし昨日履いたタイヤチェーンを外そう。』
と決意して早めに家を出る。
ところが、タイヤチェーンを外していると、
会社より電話;『車が足りないから早めに来てくれない。』 
私;『足りないところを遣り繰りするのが配車係りの仕事だろう!(弱・怒)。』
しかし、渋々早めに出庫。
この時には、この日が大変な一日になるとは思ってもいなかった。
更に、天気予報は外れ、深夜になってから止むかと思っていた雪は一段と強くなってきた。
私;『タイヤ・チェーン、外したのは間違いだったかな。』
夜、右カーブの上り坂跨線橋の上、道路テカテカだねと思った瞬間。
車の後輪が滑った。
私;<対向車がいたら大事故になっていたな。>
私;『申し訳ありません。お客様、大丈夫でしたか?』
「もう疲れて来ると、注意散漫になって来たので、再度気を引き締めて運転。」
ところが、目的地の近くになったら何と、
お客様;『この坂、道路凍結していてツルツルなんですよ。坂の上には、大きな道路があります。』
私;『勢い良く行くと、危ないですね。』
ここが腕の見せ所、勢い良く坂を上り、上りきった所で寸止め。
私;『凄い坂ですね。』
お客様;『帰路、気をつけて。』

しかし、こんな日にも良い事は起きます。
会社の配車で私には始めてのお見せにお迎え。
お店の方;『少し待って。
間も無くすると、女性が乗って来られた。
お客様;『すみません。近くても宜しいです。   
私;『有り難うございます。近くてもご遠慮なくどうぞ。』  
お客様;『某タクシー会社(当地区には二社しかありません)に予約を入れてもいつになるか解りません。」と言われてしまったの。お店の方が「私の利用しているタクシー会社に聞いてみるね。」と手配してくれたの。近くてすみませんね。近いと嫌な顔する運転手が居るんですよ。 
私;『確かにその様な運転手がおります。すみません。これからは、近くてもご遠慮なくご利用下さい。』
その後は、和やかに目的地に到着。
私;『有り難うございました。』
お客様;『近くてすみませんでした。運転手さんのお名前は、〇〇さんですね。   
私;『当社の名刺の此方の電話番号にお電話いただければお迎えに参ります。』

こんな繋がりが増えていけば、自分達の給料も増えていく。
私;『しかし、今日は、疲れた。途中で、動くのが嫌になってしまった。
私;『年が明ければ、非常に暇だぞ。』


        本日の売上;ノルマの205%。  

2014年12月16日火曜日

2014年12月16日(火)

2014年12月16日(火) 乗務

勤務時間:08:00~18:30


朝起きると、一面の雪景色。
まだ雪が降っている。
私;『あれ? 天気予報は、日中は雨のハズ? その内に雨に変わるだろう。』
出社して始業点検。
私;『あれ? LPG残が少ない。昨日、給油されていない。こんな日は、ロングが出る可能性があるから、早目の給油が必要だ。』
しかし、そのままで始業。
こんな日は、普段乗らない人達が、自分で運転する人がタクシーを利用するケースが多い。
従って、短い距離のお客様が多い。
 その為に、始業間も無い段階で給油。
ところが、
私;『あれ? LPGタンクメーターが満タンを指さない。いよいよ壊れたな。』 
仕方なく、メーター交換の為に会社へ回送。
他の車が動いている状況で車は、停止。
私;『こんな調子では、今日の売上は、ダメだな。』
もう張り合いが全く欠如してしまった。
それに追い打ちを掛ける様に、天候は雪がやまずに仕方なく午後3時頃にタイヤチェーン装着。
私;『タクシーも、早くせめてFF車にならないかな。』
 日産 NV200バネット、ロンドンタクシー 仕様 
 【東京モーターショー13】トヨタ、次世代タクシーコンセプト 


        本日の売上;ノルマの180%。  

2014年12月15日月曜日

休出

2014年12月14日(日) 休出

勤務時間:19:30~20:30

世間は、投票日。
私へ休出の依頼。
年末で地元の役等で忙しく対応出来ない人が多く、通常は当直明けの人への依頼は無いですが、私にも対応依頼。
おかげで睡眠不足&夜間の路面凍結への不安での始業。
しかも、この連日の雪が舞い道路凍結の状況で行き先が急坂の上の投票所。
こんな状況下、今までに無いハプニング発生。
私;『あれ? ハンコと電卓、それと、書類を入れた袋が無い。』  決して鞄から出す事が無い物なのに、更に追い打ちを掛ける出来事が発生。
私;『あれ? エンジンが掛からない。しかも、警告灯が、点灯している。』  と、慌てて隣の先輩社員を読んでみると、
先輩社員の隣りにいた女性の運転手;『ギアがドライブに入っている。アハハ〜(大笑)。 
嫌な予感を感じ、
私;『今日は、無理せずに慎重な運転だ!!!。』  

時間にかなりの余裕を持ち現場の坂の下に到着。しかし、現場目前にしてもいきなりその坂を登らない。自分で歩いて坂を上り路面の状況を確認。
私;『良し。これならばタクシーは、坂を上がって行ける。』 
、"NHKラジオドラマ 日曜名作座" 「終りに見た街」ラジオを聞きながら、雪舞いの急坂を上って行き只管お客様を待つ。
私;『このラジオドラマは、来週最終回か。前回は結末を聞いて無いからスマホにスケジュールをアラーム付きで登録しておこう。』
その後は、無事に業務終了。
しかし、今日は、非常に疲れた。

  本日の売上;ノルマの281%。 

2014年12月14日日曜日

2014年12月13日(土)

2014年12月13日(土) 乗務

勤務時間:19:00~09:00

出社して我が愛車の点検。
昨日休憩所の天井で見た蝙蝠がまだ生息するのかチェックすると、まだ居る。
でも何とか退治したい。


蝙蝠










そして、今日に期待して出庫。
しかし、現実は、開店休業に近い状況。
私;『今日は、どうなるのかな。暇だね。』 
天候は、雪が舞って来た。
私;『こんな日は、山の上の方には、行きたくない。』 
 こんな日に限って予想が当たってしまう。

お客様;『山本団地。
と言われて、直ぐに団地への進入路となる道路の急な坂道を思い起こさせた。
私;『あの坂は、大丈夫でしょうか?』
お客様;『大丈夫! 
私;<え? その確信は、何処から来るの? 運転するのは、私ですが。>
と不安と恐怖な気持ちでその現場に到着。
私;<やっぱり、道路は雪で真っ白ではないか!>
私;『行ける所まで頑張ってみます。』
私;<とは言うものの、急坂の途中で停止したら、タクシーは・・・>
私;<考えたくない。怖いね。>
と、人生最大の私の命を掛けて、急坂にチャレンジ。
私;<後輪が、滑る。我が愛車、頑張れ!
と、頑張って何とか到着。
清算して帰路。しかし、
私;『行きは、良い良い。帰りが、怖い。』
 
その後も、怖い現場に遭遇しつつも一日終わってみれば、売上は、昨年同期並みの喜びの金額。
私;『これで、今月の歩合は、安全圏に入る。』
我が愛車

      






 本日の売上;ノルマの213%。 

2014年12月13日土曜日

2014年12月12日(金)

2014年12月12日(金) 乗務

勤務時間:18:00~05:00


始業点呼。
会社の役員;『昨年の実績では、今日が一番の売上。 
と、早速に私のスマホから自分の実績データを検索。
私;『あ! 確かに売上は、多い。』
会社の配車係;『予約状況は、明日の方が多い。 
私;『今年は、選挙もあり、また、降雪予報も出ているから出足が違うのかな。』
と思い出庫。

最初は、好調につながっていたが、徐々に客待ち時間が長くなり、22時帯には完全に待ち状態。
私;『やはり、現場を把握している人が、強いね。』
深夜には漸く動き出す。
会社よりの配車でお客様をお迎えに行くと、強面の男性二人組の方がお乗りになって来られた。
お客様二人なので会話の対応もせずに運転に集中していると、
お客様;『運転手さん、今日の勤務は何時まで? 
私;『夜6時から朝5時迄です。』
お客様;『次の勤務は? 
私;『その日の夜7時です。』
お客様;『え?! 凄い勤務だね。勤務時間は、どれだけ長いの?』 
私;『拘束時間の最長は、16時です。空港便担当は、別ですが。』
お客様;『長いね。』
と、確かに凄い業界です。
しかし、私のIT業界時代の経験からすると、まだマシです。
昔、酷い時は、睡眠時間2〜3時間を何ヶ月もやった事もあります。
徹夜は、当たり前の業界でした。

やはり、今日の売上は、今一つの売上で終始。
私;『明日に期待!』

        本日の売上;ノルマの254%。  

2014年12月12日金曜日

2014年12月11日(木)

2014年12月11日(木) 乗務

勤務時間:10:00~01:00


始業早々、お客様をお乗せしている時に、珍しい運転席メーターの警告等が点灯。
私;『前にもテールライトが点灯しない時にも似たような表示だったが、今回も同じかな?』と、この段階では暢気に運転継続。
お客様が降りられた後に会社の整備担当に電話。
会社の整備担当;『直ぐ帰って来い。そのまま乗っていると、車が動かなくなる。 
ところが、その場所は、会社の整備場からは、かなり遠い場所。
驚きと共に、各種スイッチを切った。
そして、無事に帰れる事を祈り始めた。
 ・エアコン
 ・照明類
 ・携帯電話の充電
整備場に到着すると
会社の整備担当;『やはり、この車、駄目。他の車に、乗り換え。
私;『他の車が動いているのに悲しい。』

その状況でも良い事がありました。
五百円程ですが、ご老齢のご夫婦からチップをいただきました。
会社よりの配車で病院へ向かいました。そこにはいつもご利用いただくご夫婦でした。
自宅も承知しておりましたので、会話をしながらご自宅までお送り。
私;『有り難う御座いました。乗車料金は、・・・です。』
と差し出されたお金は、その料金以上のお金が出でいました。
私;『金額、多いですが。』
お客様;『残りは、チップ。 
この仕事、サービス業、お客様にご満足していただけないといけないですか。

しかし、夜にはウンザリする出来事に遭遇。
飲み屋にお迎えに行って、お見せに声掛けて店の前で待つ。
しかし、幾ら待てども出てこない。
私;『キャンセルして帰ろうかな。』
私;『しかし、このまま帰ると、クレームだな。』
漸く15分程待って出てきたお客様
お客様;『店で呼んだタクシー?
「それはないでしょう。散々待たせて」と思いつつ
私;『そうです。』
と、お乗りいただいたのが、3桁の乗車料金。
私;『今日は、散々な日だ!!!』

        本日の売上;ノルマの116%。  

2014年12月10日水曜日

2014年12月10日(水)

2014年12月10日(水) 乗務

出退勤時間:02:45~12:45


朝、自家用車のフロントガラスは、凍っていた。
私;『しまった。前夜のフロントガラスのカバーを忘れていた。』
慌てて対処して出勤。

今日は、空港午前便担当。点呼して運行指示書を見ると、前に確認した時よりも人数が増えている。
しかも、お客様は広範囲に渡ってお迎えに行く必要がある。
私;<どう見ても遅延確実。一部のタイムスケジュールが、約10Kmを5分で行く様になっている。高速道路でも、この時間では速度違反。これを書いた奴、これで運転してみろ!

やっつけ仕事と想定される様な指示書。私も、昔の業界で自分がやっていた事を思い出した。

最初のお客様をお迎えに行く。
しかし、運行指示書には、ある会社の駐車場としか記載がない。
ところが、この会社の駐車場は、道路の反対方向に二箇所ある。
私;『どちらかな。大きなバスの方で待つか。』
との決断がミスとなり、この後の遅延に繋がってしまった。
当然の事ながら、出発予定時間になってもお客様が現れず。
私;『精神衛生上、芳しくないな。』 その時に暗がりから現れたのは、若い女性。
私;『寒い中をお待たせして申し訳ありませんでした。』
揉め事にならずに漸く発車。

その後は、急ぎ足で運行。
全てのお客様をお乗せした後は、遅延回復運転して運行指示書の通りの時間で現着。

ふと、空港で待機している現地の黒タクを見ると、
私;『多くの黒タク、スタッドレスタイヤ+アルミホイールを履いている。流石だな。』
と、感心して考えていると
私;『否、私の会社の黒タクが、オカシイのだ。』

ジャンボタクシー


2014年12月9日火曜日

2014年12月7日(日)

2014年12月7日(日) 乗務

勤務時間:18:30~08:30


出社早々に会社より 
会社の配車係;『14日の投票日、人が足りないから休出、頼むね。
との依頼。これでは嫌とは言えません。

私;<雪降りの場合は、嫌だな。>
と思っても言えません。
しかも、今日は日曜日の夜で暇、気の重い一日のスタート。お

ふとNHKラジオを聞いていると、"NHKラジオドラマ 日曜名作座" 「終りに見た街」が始まっていた。
このドラマは、前の選挙の時にも聞きながらタクシー業務をやっていた事を思い出した。
あの時にも、全体を聞いてなくて、最後がどうなったのか解らず終い。
私;『今回もダメだだろうな。』

すると会社の配車。お客様をお迎えに行くと、少し訛のある男性がお乗りになってきた。
お客様;『ティーダ・アパートまで。この資料。』 しかし、その資料にはアパートの地図が無い。私の覚書の資料を見ても、そんなアパートは無い。
私;『どちらの場所にありますか?』 
お客様;『私は、来たばかりで解らない。今日乗った他の運転手は、解ったヨ。
私;<新しく出来た? また新たに資料に追記しておく必要があるかな?> 
私;『会社に場所を確認しますのでお待ち下さい。』
会社の配車係;『それは、ラ・ティーダの間違いでは?』
そのアパートならば、私の覚書にある。 
私;『アパート名は、ラ・ティーダではないですか。場所は、〜ではないですか。』
お客様;『そこ。
私;『今後の為に、お客様の資料を直しておきますが?』
お客様;『ありがとう。
しかし、そのアパートへのルートは、私の覚書には逆方向からの進入ルートの記載が無いから。当然遠回りして現着。
目的地を見失ってトラブルになるよりはマシ。
何か言われたら、何か対応を考えるのみ。
しかし、何事も無く終了で一安心。

その後にまた会社よりの配車で飲み屋にお迎えに行くと、何とこの暇で乗車料金が3桁ばかりの時に3桁ではないお客様。
ところが、乗車まもなくからお客様との会話が弾む。
私;<こんな調子より時は、入社早々の嫌な経験が甦るな。>
と、何事も無く祈りつつ目的地近くに接近。

私;『どちらになりますでしょうか。』
お客様;『そこの看板の少し先。
私;<看板の先の家に止めればよいかな。>
と思って徐行していると、メーターが赤の点滅で上がりそうな気配。
お客様;『あ。 ここで良いヨ。 え! 乗車料金上がってしまった!』
メーターは、点滅が消えて乗車料金が上がってしまった。
後方からは、嫌なムードが漂って来た。
私;<やはり、予想は、的中か。僅かな金額でトラブルになりたくない。>
と、言ってはいけない事を口走っていた。
私;『上がった分は、値引き致します。』
ところが、値引き分で精算してお釣りを渡して直ぐにその場を離れた。
そこで、大変な事に気がついた。
私;『お釣り、¥100多く渡してしまった!』
今日は、全てが散々な日だった。

        本日の売上;ノルマの70%。  

2014年12月7日日曜日

2014年12月6日(金)

2014年12月6日(金) 乗務

勤務時間:17:00~05:00

昨日の売上に期待を持ち始業。

会社より配車でお客様をお迎えに行くと、これから夜のお店に出勤するであろう比較的若い女性のお客様がお乗りになって来られた。
お客様;『景気は、どうですか 
私;『夜の早目は、動きが無いです。遅くなってからの人が帰える頃に忙しくなります。』
お客様;『若い人は、お金を使わない。 
私;『最近、年配の方々が夜は出てこないですから。』
お客様;『若い人は、居酒屋から居酒屋へ呑みに行く。何これ。
この年末でもそれ程忙しくない店があるのか。タクシーも他人事ではないですね。
タクシーが忙しいのは、一日の内でもほんの一時の事。その時間帯を過ぎれば、お客様の待ち時間が長い。
私;<消費税10%になったらどうなるのであろうか。>

再び会社よりの配車でお客様をお迎えに行き暫くお待ちしていると、若い男性がタクシーに来られた。 
お客様;『〇〇(地名)まで幾ら? 女性を送っていて欲しい。
私;『場所にも依りますが』
お客様;『これで足りる? 足りない場合は、何とかして。』
と、一万円を差し出して来ました。
私;『おつりが出た場合は、どう致しましょう。数千円程が出る場所もありますが。』
お客様;『とっといて。
私;<・・・>
お客様;『運転手さんにチップ。
私;<ラッキー! それでは、ノンビリと行こう!>
こんな事は滅多に無い。
気楽に女性のお客様と会話しながら、目的地まで送り届けて清算。
お客様;『お金は?
私;『お連れ様からいただいております。』

お客様;『有り難う御座いました。
私;『有り難う御座いました。足元にお気をつけ下さい。』
と、お客様をお見送り。
結局、チップは¥4千円弱となった。

私;<今夜の稼ぎが少なくても良いかな。>
しかし、こんな良い事ばかりでは無い。
客待ちしていてお乗りになられて無事に目的地到着。
ところが、お客様は、財布の中をジャラジャラしているのみでなかなかお金が出てこない。
私;『お金は、細かい方が助かります。』
お客様;『細かくなりますが。
と、差し出されたお金を見ると、本当に細かい。
一円玉と五円玉、締めて四十円。
私;<幾ら細かいとは言え、こんなに細かいと清算器に入らない。>
しかも、自分の小銭入れが途端に重たくなった。
私;『どこかで十円玉にしたいな。』

        本日の売上;ノルマの231%。  

2014年12月5日金曜日

2014年12月5日(木)

2014年12月5日(木) 乗務

出退勤時間:10:00~20:45

朝、TVで嫌なニュースを報じていた。
年末になるとタクシー強盗が増える。
鈍る消費、タクシー直撃 している現状で、こんな被害に遭遇しては堪らない。

その気持ちでスタートした今日は、午前は通常のタクシー業務。
午後は、空港便担当。空港便の運行指示書を見ると、帰路のお客様がキャンセルになっている。
私;<帰りは、速やかに帰って来よう。>

ところが、一発目のお客様。
配車でお迎えに行き暫く待っていると漸く出て来られました。
しかし、何と再度家に戻ろうとしている。
お客様;『30分してから又来てくれる? 
 「今日は、運がないな」と思いつつ
私;『30分後で手配致しておきます。』
と回答して、速やかに次のお客様を探しに出発。
この後は、驚きの配車が繋がる。
そして最後のタクシーでのお客様が、他社の空港便(帰路)で降りられた方。
お客様;『こちらは、寒いですね。私は、東南アジアに居たので、寒いです。来る途中は、雪でしたヨ。 
 私;『私は、これから空港行きの運転なんです。』
雪の高速道路を、FRのジャンボタクシーで行く事に少し不安が募りつつ、空港便へ切り換え。

会社で道路情報を検索すると、雪による速度規制が出ていた。
私;<お客様の出発飛行機の時間には余裕があるから、慌てずに行こう!>お乗せしてお客様に、その旨をお伝えして出発。
私;<路面も凍っていそうだ。>
これから嫌なシーズンの到来。
無事故で終わりたい。

2014年12月2日火曜日

2014年12月1日(月)

2014年12月1日(月) 乗務

勤務時間:18:30~08:30

始めの内は、仕事が行く先々で繋がり
私;『こんな調子で今日の業務が終われば、売上ノルマは楽にクリア出来るが。』 
世の中、そうは甘く無かった。
それ以降の暇な事
私;『やはり、月曜日は、駄目だ。』

会社より配車で指定されたお店に向うと、中高年男性二人組みのお客様がお乗りになってきた。
お客様;『〇〇〇(店名)へ 
私;<え? その店、何処だったかな?>
自分の作成した資料を見る時間が無さそうだったので、
私;『すみません。入社したばかりで、教えていただけますでしょうか。』
しかし、この言葉は、これが通じるお客様と怒り出すお客様がおられますので、一つの賭けです。
お客様;『そこを左折~そして、次を右折~ 
ここまでは、一安心。しかし、最後迄、気が抜けない今回のお客様。
すると、踏切があり、タクシーを「一時停止」して通過。
すると、後部座席のお客様が
お客様;『一時停止は、車を完全に停止しなけらば、止まった事にならない。』
私;<一時停止の違反で捕まった時の警察官と同じ事を言うな。ひょっとして、お客様は其方の関係者?>
私;『確かにその通りです。』

お客様;『そこ右折ね。』
と言われて、思わずハンドルを右に切ったのは良いが、この場所は、普段は決して曲がらない程の狭いT字路。
気がついた時には既に遅し、車は右に向いてしまった。
私;<ぶつけたら事故報告書&お小言&修理代自己負担だ! 
お客様;『お! 上手いね。
私;<この野郎、人を弄んでいるな。>
お客様;『帰りに指名するね。
私;<そう言って指名された事が無い!>
とは思っても
私;『ありがとうございます。』
こんな苦労しても、メーターが表示している乗車料金は、三桁

その内に、雪が降ってきた。
少し高台に行けば、しっかり降っている。
私;『自分のタクシーのタイヤは、タクシー用ノーマル・タイヤだ。不安。』
気になっても無情にも未明にかけて、雪降りが多くなってきた。
私;『無事故で、本日の業務終了を祈るのみ。』

そんな事を気にしていると、道を間違えてしまった。
今日は、ロクな事が無い。

        本日の売上;ノルマの102%。 

2014年12月1日月曜日

2014年11月30日(日)

2014年11月30日(日) 乗務

出退勤時間:17:00~03:00

昨日の勤務がAM4時に終了して、今日が同じ様な勤務。
私;『シンドイな~。今日は、暇だぞ!』 
しかし、始めの配車でお客様をお迎えに行き送り先を伺う。
私;<さて? どのルートで行くか?>
ところが、選択したルートは、対向から大変な車の数が来る。
しかも、狭い道だから他の車にぶつけない事を祈りつつ進行。

私;『行き先の施設で、何かイベントが有った様ですね。』
お客様;『公演があったのですよ
私;<詳しいな関係者かな?>
と思いつつ、無事故で現着。
私;『こんな所は、早く離れたい!』
そんな所へ、無線。
会社の配車係;『ちょっと待ってて
その場で、他のお客様をお待ちする事になる。
私;『ラッキー! 今日は、こんな調子で仕事が続けば良いな。』  
しかし、世の中、そんなに甘くなかった。

その後のつながりは、今までに無くタイミングが悪く、2~3時間程お客様に巡り合わず。
私;『やはり、日曜日だ。日当分を稼げる事を祈るのみだ!』
漸く、客待ちで泥酔者の男性がお乗りになって来た。
お客様;『〇〇まで
私;<寝てしまいそうだし、気難しそうな人。慎重な対応だ。>
何とか車内をゲロで汚されるずに、お客様が寝てしまう事も無く無事にお客様をお送りして一安心。

私;『そろそろ業務終了だから、暇な内に車の清掃しようと。』
車の外で汚れた所を綺麗にしていると、
先輩社員;『タクシー代行だから行くヨ。』
私;『え! 私がお客様の車を運転ですか。』
気にしながらお客様をお迎えに行くと、何とデカイ1BOX車。
私;<大丈夫かな。>
目的地をお伺いすると、色々と経由して行く様だ。
私;<ぶつけない事を祈るのみ>
表面的には平然と、内心ではドキドキしながら車を進めると、
お客様;『運転、上手いですね。
私;『私は、空港便の担当をしていて、大きい車に慣れていますので。』
気を良くして車庫にバックで駐車して無事故で終了。
私;『でも、代行の運転手は、苦手だ。最近の車は、最初のエンジンの掛け方が解らない。』

最後に売上を押し上げたのが、4人組み男性グループ。
お乗りになられたお客様を一人一人を送り届けたので、本日のノルマを何とかクリア。
私;『焦らずに地道が、一番だ。』

        本日の売上;ノルマの116%。