2017年7月21日金曜日

2017年7月20日(木)

勤務時間:10:00~01:00

同僚;『今日は、どうしたの。休み
;『???。』 
同僚;『10時から乗務だよ。
;『。時間を勘違いしていた。ありがとう。』
と、それまで自宅でノンビリしていたのを急ぎ身支度して慌てて出勤。

;『遅刻せずに何とか間に合った。』
そんな様子をみていた課長から
課長;『慌てて行くと事故の元だから気を付けて。
点呼している横から注意をいただきつつ出庫。

そんな本日の一本目のお客様は、パチンコへ行く常連さん。
運転に注意しながら進むと、
お客様;『パチンコ屋の開店時間に余裕があるから、急がなくても良いから。
とのお言葉をいただき、制限速度50Km/H超厳守して走行。
開店2分前に到着。
お客様;『ありがとう。
と、お言葉をいただき完結。

戻り掛けると配車。
;『お。逆方向、Uターンだ。』
即、周囲を確認後に本線上で方向転換。
現着すると、何とお客様をお乗せして出発点近くに戻る事が出来た。
;『効率良いね。』
 
その後、近くのJR駅にて客待ち。
すると、約30分程して電車から降りて来られたお客様。
三桁でお送りして完結。
そこから離れて直ぐに配車。
;『ここの近くだ。しかも、このお客様の行き先は、おそらく私の行く方向と同じだ。ラッキー。』
直ぐに現着。
待つ事暫し、何と珍しくお二人様で出て来られた。
目的地を確認確認すると、
;<ラッキー。>
予感的中。
空で戻ることなく、私の目的地へ戻る事が出来た。
;『効率良いね。』

いつもは暇になる午後になっても、今日はいつもよりは動く。
こんな時は、
;『いつGAS補給に行くかな。』
と悩むが、本日は世間が動いていても早目に補給。

その帰路を、
;『いつもとは別のタクシー乗り場へ向かおう。』
と、向かって行くと、
;『おや。配車だ。嬉しいね。 
;『このお客様は、これまでのデータから判断すると、高速バスに乗る事が多いから、その向きにタクシーを着けよう。
と予想して、迂回して現着。
すると、予想に反して
お客様;『ショッピングセンターへ。
;<アジャパ~。この狭い道で、転回だ。片方が崖になっているから、要注意だ。>
注意しながら方向転換。
予想以上の単価となり、完結。

ところが、行った先でまたもやお客様。
;『こんなに効率が良いと、逆に怖いね。 

それから深夜割増時間帯に入り、お乗りになって来られた男性のお客様。
乗車してルートを確認してから発車したにも関わらず、
お客様;『いつもと違うルートで行き、そのルートが高いかみてみるか。
と余裕のなる発言をされてきた。
;『そのルートで行かれるのでしたら、前の交差点を右折しておりましたが、ここからですと少し遠回りになりますが。 
お客様;『そうでしょうね。
酔っているのか明るいお客様をお乗せしてご希望のルートで進行。
道案内いただきつつ現着。
;『乗車料金;¥3,500円也。 
お客様;『やはり、いつもより百円高いか。
と、ニコヤカに降りて行かれた。
;『不思議なお客様だ。
しかし、これが本日最高額となった。
他は、三桁の目立つ日報である。

そんな本日のラストは、
;『もう終わりだな。
と考えていると、目の前にお客様が突如出現。
;『この方々をお乗せして帰庫しよう。
そう思ってお乗せしたのが意外と伸びて、何と¥2,900円で完結。
;『こんなに効率が良い事は、滅多にない。 

       本日の売上;ノルマの132%