2017年10月21日土曜日

2017年10月20日(金)

勤務時間:18:30~08:30

私;『本日は、10月度の締日。故に、稼ぐゾウ。』
意気込んで点呼へ。
配車担当;『予約が多いから早く出て。』
との指示。

ところが、普段はノンビリと後から出庫するドライバーが、こんな時ばかりはいち早く出庫して行った。
私;『人間とは、調子の良い者だ。』
こんな稼業で良く聞かれるのが、
お客様『この仕事は、長いの?。 
私;『いえ、まだ5年です。 
お客様『何故、この仕事に就いたの?。 
私;『リーマンショックで失業した為です。
今夜も、いつものお決まりの会話。

そんな会話を幾度も今夜繰り返しました。
しかし、
そこに追い打ちを掛けたのが、
私;『今日は、実に超低空飛行だ。
金曜日の夜だというのに、単価が低い。

そんな時にタクシー乗り場へ着けると男性お二人のお客様。
すると、その内のお一人がまず乗られた。
ところが、
お客様A 『あなたが遠いから、先に乗ってヨ。 
と、一旦乗ったのにも関わらずに降りて、同伴者へ私のTAXIに譲ってしまった。
これが功を奏して、何と乗車料金;¥6千円弱。
これが、寂しい事に本日の最高額。

しかし、悲惨な事にその後も超低空飛行は、変わらず。
私;『駄目だこりゃ。』
だが、この後に何とも悲惨な出来事が2件も起きるとは夢にも思わなかった。

まず一件目。
タクシー乗り場の先頭で客待ちしているところへ会社からの配車。 
私;『ギョエ。この吞み屋へ?。』
ここで悲惨な結末、決定。
約10Km先の呑み屋へお迎えへ。
現着後にお声がけ。
私;『この店、声掛けてもなかなか出てこないからな。』
暫くして出て来られたお客様の集団に経由地と目的地を確認。
私;『すみません。この地域は、地理不案内なので道案内をお願い致します。』
その後は、彼方此方と道案内していただきつつも最後のお客様をご案内。
行き着いた先は、先程の呑み屋から更に6Km程に更に遠ざかった地域。
乗車料金;¥4千円弱と振るわない。
私;『ここから約16Kmを空車で戻らなければいけない。効率悪い。』 
帰路は、もうノンビリ。
私;『普通の会社では、場合の悪い現場を担当したら、次は少し良い現場を担当になるはずだが。』 

次の二件目。
それは、本日のラストとなったお客様。
これも、会社からの配車。
お迎え場所のコンビニへ現着すると、男性二人組。
私;『こんな所から何処へ行くのかな。』
その行き先は、なんと、
私;<朝の時間帯には厄介なルートになるな。>
ミドルにもロングにもならない場所。
案の定、道中は
私;<この車は、どう行くんだ(怒)。>
と悩む程の危ない車に出会った始末。
挙句の果てに、目的地に到着する前に、
お客様 『ここでいいや。 
私;『え!。目的地には遠いですが。』
との遣り取りしても、そこで清算。
乗車料金;¥千円余。
と、降りてからの後部座席を見ると、 
私;『え!。泥だらけジャン。これでは、乗せられないジャン。』
もうここで終業決定。

本日が締日にも関わらずに
非常に悲惨な結果で帰庫。
 
     本日の売上;ノルマの133%

2017年10月20日金曜日

2017年10月19日(木)

勤務時間:17:00~03:00

私;『さてと、今日も頑張るゾ。』
と、意気込んで出庫したのは良いが、

私;『あれ?。ワンメだ。』
狭い路地へお迎えに行くと、
私;『ありゃりゃ。
やはり、予想通りの結果。
私;『次には、期待。
と意気込んだが、
私;<ありゃま!。>
いつものお買い物のお客様で、
乗車料金;¥約千円余りで完結。
私;『効率悪いね。
私;『さてさて、次こそ期待。
そんなお客様の行き先は、
私;<こんな雨の日に、急坂の途中の家へ行く!。>
已む無く向かうと、
私;<坂の途中で後輪がスリーブして登れないゾ。怖~。>
こんな苦労してもワンメ。
もうこれで気がめげて
私;<もう、食事休憩だ!。>
いつもは、こんな早くに休憩に入らないが、もうヤル気も失せてしまった。

このリズムが崩れたのが原因か。
私;『あちゃ~。ノルマ・クリアまで今一歩だったのにな。』

しかし、こんな日でも良い事があった。
呑み屋さんからご自宅までお送りしたお客様。
私;『乗車料金;¥2,080円となります。』
金額を提示すると、お客様が千円札を3枚を差し出されて、
お客様『お釣りは、取っといて。 
しかし、そうは言われても、
私;<あれ?。金額を間違われているのかな?。> 
と思い、
私;『これは、いただきすぎですが。』 
お客様『良いよ。取っといて。 
との言葉を残し、TAXIを降りて行かれた。
私;『ありがとうございます。』

そんなこんなで、
私;『今日は、差し引きプラマイゼロか。』
 
     本日の売上;ノルマの98%

2017年10月19日木曜日

2017年10月18日(水)

勤務時間:10:00~01:00

昨年度同月度と比較して、
私;『昨年度9~10月度は赤字だったが、本年度は黒。景気が良いのかな。』
そんな事を思いながらも班長に聞くと、
班長;『会社全体の売上もUPしている。従って、稼働台数が減っているから個人の売上もUPしているはず。』
それから、我が家の家計もUPすれば言う事も無いのだが。

本日の一本目は、約6Km先へ時間予約のお客様のお迎え。
私;『はてさて、ここから何処へ行くのかな。』
と、向かうものの
私;『あれ?。家がわからない。何処だ。
我が社の配車システムは、誘導説明が不十分。
だが、
私;『配車が機械化されていない会社もある。それに比べれば此れで良しとしなければいけないね。』
何とか予約時間丁度に現着。
お客様『総合病院へ。 
私;<ラッキー!。振り出し地点近くへ戻るゾ。>
だが、ここでルート確認。

私;『左折で宜しいでしょうか。
お客様『右へ。
私;<え?。>
案の定、お客様の間違いで左折で進行。
その後は、道案内なくてもいつもの道なので無事に現着。
乗車料金;¥約三千円弱で完結。

その後は、二千円弱と三桁のお客様を無事にお送りした後に、何と本日最高額の五千円のお仕事に遭遇。
私;『今日は、良い事ありそうな予感。

しかし、そんな日でも、
私;<ここからそんな所へ行くの。普通、ありえないでしょ。>
と思えるルートのお客様にも遭遇。
私;<どう行くか。右からの回り込みにしても、左からのルートを選択しても、素直には行けない。>
だが、ここは自信を持って自分の考えたルートに決定。
後で指摘されても、
私;<私は、これが最適なルートと思いました。>
と、主張するのみ。
しかし、このお客様をお送りしても特にクレーム無く完結。
乗車料金;¥約2.2千円。

そして、いよいよ不安な水曜日の夜の部へ。

各車の様子を見ても、空車が多い。
私;『こんな日は、ミドルが狙えるタクシー乗り場に着けよう。』
これが功を奏した。
そこそこのお客様をヒット。
タクシー代行にも遭遇。
何とラストは、乗車料金;¥四千円弱のお客様で、本日はお仕舞い。

私;『水曜日には有り得ない売上。』 

     本日の売上;ノルマの140%