2018年4月22日日曜日

2018年4月21日(土)

勤務時間:09:00~00:30

配車担当;『車、少ないから出て。但し、次の予約は、11時半しかないですが。』
私;<何じゃ、それ。>
とは思いつつも、
私;『どうせ嘱託待遇だから良いですよ。』

最初の一本目をこなすと、
私;『あれま、やはり暇になった。』
暇な上にワンメの三連荘。
私;『どうなるやら。』
しかも、ワンメなのに万札ばかりが出て来る。
私;『おいおい!。千円札がなくなるぞ。』
そんな不安を抱えながらも、暑さ厳しいタクドラ稼業。

その後も、暇で単価も伸びない時間を過ごしての15時前頃に無線。
配車担当;『タクシー代行だから会社へ戻って。』
私;『どうせ、車で来て酒を飲んでしまったのであろうから、近場だろうね。』
期待せずに現着すると、
お客様(夫):『レンタカーを返して、その後は、自宅へ戻りたい。
お客様の車は、GAS補給した後に返却なので、
私;『私のタクシーは、レンタカー会社に先行して其処でお待ちしております。』
お連れ様のみお乗せして、一路レンタカー会社へ。
その道中、
お客様(奥様):『レンタカーは、一周忌で近くのお墓へ行くために借りただけなの。
そこで提案。
私;『それでしたら、ジャンボタクシーを手配された方が安いですよ。もしくは、探せば今回のお値段よりも安いレンタカーがあります。』
すると、
お客様(奥様):『次は、参考にさせていただきます。
そんな会話をしていると、漸くにレンタカー車が到着。
そして、お客様の自家用車に乗り換えてご自宅へ。
無事に到着して、本日最高額となった六千円で完結。
私;『これに、今日は救われたな。』

そしていよいよ期待の夜の部へ。

だが、
私;『これは、帰りの時間帯だけが忙しいな。しかし、その時間は、私には無縁だ。』
お客様の単価はUPしたが、然程に忙しくない。
しかし、単価UPしたおかげもあり、何とかノルマ・クリアで帰庫。

  本日の売上;ノルマの126%

2018年4月19日木曜日

2018年4月18日(水)

勤務時間:18:30~08:30

本日が4月度の最終日。
私;『何とかノルマをクリアしたい。が、無理だろうな。』
そんな弱腰で出庫。

いつものお馴染みさん。
で、いつもの場所からいつもの場所へのお送りでワンメで完結。
私;『おいおい!。どうなるやら。』

そして、宴会への参加者の送り。
ところが現着すると、
お客様:『裏道から来たドライバーは、初めて。
私;『信号を回避しました。』
無事に清算して完結。

しかし、
私;『今夜は、三桁が多いな。』
厳しい夜の様相を呈してきた。

そんな深夜割増時間帯AM1時近くにタクシー乗り場からお乗りになられたお客様のおかげから奇跡の出来事が起きた。
そのお客様を¥2,500円で完結して地元への帰路に、
私;『ギョエ!。逆戻り!。しかも、グループ会社への応援?。あちゃ~。』
止む無く、
私;『もう、地元を目の前にしてUターンか。』
この後に、なかなかお客様が出て来ないお店で漸くお乗りいただいたお客様に道案内していただき千円余りの仕事を完結すると、この後にミドルに連発。

最後まで諦めてはいけない。

  本日の売上;ノルマの105%